スポンサーサイト  
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  卒業生からのうれしいご意見  
2006.04.14.Fri / 17:45 
3月に大阪大学、慶応大学を受験し、両方合格した生徒さんから、うれしいご意見をいただきました。



TMさん (大阪大、慶応大合格)

 私は、明アカで英作文を主に指導していただきました。

個別指導の利点を最大に生かした授業展開に、大手予備校では味わえないような新鮮さを覚えました。

また、先生が博学であるため、毎回テーマに対する知識、理解が深まりました。

最後の1点、2点を争う段階を、このアカデミーでつめられたと思っています。




確かに、大手予備校は、不可能な授業の形態でした(^^ゞ

和文英訳では、和文の分析や、その話題に対するいろいろな意見交換。
それを踏まえたうえで、どういった英語表現が良いのか、これまた意見交換。

自由作文は、テーマの選びかた、話題の掘り下げ方、いかに文章の意図がネイティブの採点官に伝わるかの検討。

同じテーマでも、人によって考え方が違うことや、別の角度から聞かれたときに、どのように答えるかなど意見交換を続けます。

所詮、一度出てしまった過去問を完璧に英語に直したところで、何の意味もありません。

自分の持っている英語の力をどのように使いこなすのか。

その訓練しかないのです。

自分のスタイルだけを押し付ける大手予備校の講師や、英語だけを学んできた講師では、まずこの手の授業は無理だと思います。

赤本の模範解答は、まったく当てにならないということを、その生徒さんは、身をもって体感したはずです。

ちなみに、私の生徒さんは、英和辞典使用禁止です。
英英辞典を使わなければ、英作文など不可能ですから。
スポンサーサイト
No.5 / 英語指導 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  短期語学研修旅行  
2006.02.12.Sun / 14:27 
先日、3泊4日で、フィリピンへ短期英語研修旅行に随行で参加しました。

一昔前と違い、ニノイアキノ空港もきれいに整備され、見違えるようでした。

この短期旅行は、1ヶ月以上の英語留学と比べ、費用も格段に安く、気軽に参加できるのが特徴です。

チケット代金は、その時々の時価ですから、独自で安いチケットを手配するもよし、チケット手配も込みで、申し込んで頂いても実費以外は頂きません。

比較的参加しやすい旅行ではありますが、英語研修である以上、強制的に英語を使わざるを得ない環境での旅行となります。

機内の入国書類の書き込み、空港に到着してからの入国手続きなど全て、英語になります。
随行する私も、さっさと自分だけ手続きをし、参加者自身で話をしてもらいます。

買い物、食事、観光と旅行を楽しんでもらう日程になっていますが、勿論通訳は付きません。

また、英語研修ですから、宿泊先には、英語のインストラクターが訪れ、その日の出来事など、いやでも話をしなければなりません。

宿泊も、ホテルではなく、現地の方と一緒にホームステイとなり、24時間、寝ているとき以外は、英語しか使えません。

フィリピンというと、治安の悪いイメージがつきまといますが、いかにも「旅行者でお金持ってます」と言わんばかりの服装で、人混みの中を一人で歩かない限り、まず、危険な目に遭うことはありません。

一人で買い物をするときも、当然、専属の現地スタッフが近くに待機しており、言葉以外で困ったときには、すぐに相談できるようになっています。(日本語の分かるスタッフもいるので、あらかじめ希望を出しておいて下さい。)

現地の貧富の差を目の当たりにすることで、いかに自分たちが幸せなのか実感するのも、このツアーの隠れた意義かもしれません。

英語に首まで浸かるツアーも、多少バカンス気分で行くツアーも、お好みでプランが作れるのも魅力です。

No.4 / information /  comments(2)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  英語の発音  
2006.01.21.Sat / 19:43 
時折、英語を習う人の中で、発音に妙にこだわる人がいます。

極端に言えば、発音記号をカタカナ読みでも相手に誤解なく伝われば良いのです。

「香港の英語は・・・」、「フィリピンの英語は・・・」と何か間違った英語でも話しているかのごとく評論する人もいます。

もし、日本人でアメリカ人のような(多分、caucasian:コーカソイドを意識しているのでしょうが)発音になりたいと思ったのなら、5歳までには、かなりの英語漬けになる環境にいなければ無理でしょう。

しかしながら(悲しいことに?)、この世の中で、唯一正しい英語の発音など存在しません。

日本人の一部か、自分の国を唯一絶対と考えている一部の人々が、ブリティッシュイングリッシュやFM局のDJの英語を正しい発音と思いこんでいるのでしょう。

当然ですが、アメリカにも、イギリスにも、オーストラリアにも様々な発音で英語を話す人々が生活しています。

日本人が学ばなければならないのは、「日本語的な発音」になっても良いから、「正しい英語」を話すことです。(勿論、日本語的でも発音記号どおりに発音しなければいけませんよ)

私ごとで恐縮ですが、アメリカ留学中、大変優秀な留学生がいましたが、ほとんどが、インド、フィリピン、スリランカ、マレーシアから来た人たちでした。

一人友人となったフランス人留学生の英語は、あまりにフランス語なまりで聞き取れませんでしたが・・・

いずれにせよ、ヨーロッパ系の留学生というのは、あまりいないのです。アメリカ人がヨーロッパに留学しますからね。

それはともかく、アジア圏の留学生の英語力は半端じゃありません。
当時のTOEFLなら、軽く620点は越えている人たちばかり。

英語のドラマ、映画なども何ら苦もなく理解します。
大学の授業での討論など普通にこなします。

もし、日本人の中で、いわゆるラジオのDJのような発音になりたいと願う人がいるのならば、ボイストレーニングをお勧めします。

口にペンを横にくわえながら、発音したり、早口言葉のような訓練をしてくれる英語学校もあります。

たかだか「駅前○○」の類の場所で(勿論私のところもその一つですが、)、「アジア系の英語じゃ・・・」とは、なかなか言えないと思います。

むしろ、発音にこだわるのではなく、英語力を身につけることを考えていく方が、良いのではと考えています。
No.3 / 英会話 /  comments(1)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  ちょっとPR  
2006.01.20.Fri / 16:13 

こんな人にピッタリです。

旅行大好きさん:「たまに、海外旅行するだけだから、英会話スクールに行くほどでもないし、高い授業料払うなら、その分旅行費に回した方がいいな。」

英語大好きさん:「以前、英会話スクールに行ったけど、コースが終了したら、英語を使う機会が減った。たまには使ってみたいけど、知り合いに外国人がいなかったので、ちょうど良かった。」

国際交流1番さん:「アカデミー主催の料理教室は、外国料理も覚えられたし、講師や他の参加者との英会話が楽しかった。聞き取れないと作り方が分からないから、何度も聞き返しちゃいましたけど。」

*生徒さんからの希望などで、折り紙教室など楽しいイベントを企画しています。アイデアも募集中です。


人気の留学応援コース

語学・大学留学準備クラス (英語、中国語の2カ国語留学制度もあります。)

将来、即戦力を考えるなら、英語ができて当たり前。他にどこの国の言葉ができるのかで勝負しよう!

格安英語留学コース (いきなりアメリカ、イギリスは、不安と言う方にも最適です)

英語というと、アメリカ、イギリス、オーストラリアとばかり思っていませんか?
同じアジアにも英語を公用語としている国々があります。
小学生から英語による授業を受けている彼らの英語力は、並じゃない。

滞在費が格段に安いことも大きな魅力!
同じアジアの仲間と英語で話しながら、日本人が失いかけた何かを発見できます。
きちんと英語力を身につけてから、欧米諸国に留学した方が、馬鹿にされずにいいかも。
No.2 / information /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  テストアップです  
2006.01.11.Wed / 13:04 
自分のペースで、自分にあった英会話術修得のためのサイトです。
現在、テストアップ中につき、本格的運用は、もうしばらくお待ち下さい。
* テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育 *
No.1 / information /  comments(4)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
| BLOG TOP |
CopyRight 2006 明治国際アカデミー 英語コース All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。